原油価格120ドル超えれば世界市場崩壊する=専門家

© Sputnik / Vladimir Astapkovich / フォトバンクに移行Цистерны на нефтебазе. Архивное фото
Цистерны на нефтебазе. Архивное фото - Sputnik 日本, 1920, 04.03.2022
原油価格が高騰していることについて、プレハーノフ記念ロシア経済アカデミーのアレクサンドル・チモフェーエフ助教授は、世界市場で1バレル120ドルという原油価格が長期的に続けば、あまりに多くの産油地の開発が必要となり、その結果、原油は供給過剰となり、市場は崩壊するだろうと述べた。
2月のブレント原油価格は2014年9月以来初めて1バレル100ドルを超えた。その後も原油価格は上昇を続け、3月2日には113ドルを上回った後、同日夕方には110ドル以下に戻した。米国のWTI原油も高騰しており、1バレル112ドルを超えた。
ブレント原油価格が100ドルを超えた後、調査会社ライスタッド・エナジーは、ロシアとウクライナの紛争がロシア産原油の供給に悪影響を及ぼした場合、原油価格は6月までに130ドルまで上昇する可能性があるとの予測を示した。
チモフェーエフ助教授は、「120ドルという価格は有利なものではない。それにより、収益性のない産地が開発され、しばらく市場は、新たな供給先からの原油で満たされるが、その後供給過剰で市場が崩壊する」と述べた。
関連記事
韓国、欧州へのガス転売や戦略石油備蓄放出を検討=外務省
国際エネルギー機関、石油備蓄6000万バレルの協調放出で合意=マスコミ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала