ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ゼレンスキー大統領がNATOのサミットを「弱腰」と批判

© REUTERS / Umit Bektasゼレンスキー大統領
ゼレンスキー大統領 - Sputnik 日本, 1920, 05.03.2022
ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、北大西洋条約機構(NATO)の外相会談を弱腰として批判した。
ゼレンスキー大統領はビデオメッセージを投稿した中で、NATOのサミットを次のように批判した。
今日はNATOのサミットが行われた。弱いサミットで、中身のないサミットだ。欧州の自由を求める戦いが全員にとっては目的のナンバーワンでないことを示すようなサミットだ。
ジョセップ・ボレル - Sputnik 日本, 1920, 05.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
欧州はゼレンスキー大統領に降伏、またウクライナ脱出を要請しない=EU上級代表
先にNATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長は、NATOの外相の会談で、ウクライナの領空封鎖について議論したものの、NATOの戦闘機や軍隊がウクライナ領に入るべきではないと表明した。これを受けウクライナ政府は領空の即時封鎖を議論するよう国連安保理に要請していた。
ゼレンスキー大統領によると、NATOはこの声明を発出したことでウクライナの都市、農村に対する空爆を事実上、許可したという。そしてNATOの協力は50トンのディーゼル燃料供給に留まったとして批判した。
Президент РФ Владимир Путин во время обращения - Sputnik 日本, 1920, 05.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
プーチン大統領、ロシア軍に関するフェイクニュース拡散、及び対露制裁の呼びかけを刑事的に罰する法律に署名
また、ウクライナの上空封鎖を拒否したことにより、ウクライナの上空を封鎖することはロシアによるNATOへの攻勢を挑発するものに他ならないという前提を自ら作ったことになるとしてNATOを批判した。
ウクライナのドミトロ・クレバ外相も声明を発表し、欧州連合とは異なりNATOはウクライナのために何もしていないことから、その弱腰により自ら犠牲を払うことになると警告した。
またクレバ外相は直接の名指しは避けたものの、一部の国はウクライナ領空の封鎖に協力する用意があると表明した。
関連ニュース
チェコ政府、ウクライナ政府軍側での戦闘参加を市民に許可
「ウクライナはロシアの一部」という提案は受け入れがたい=ゼレンスキー大統領
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала