金の小売価格が過去最高額 1グラム当たり8036円

© AFP 2022 / Arne Dedertゴルド
ゴルド - Sputnik 日本, 1920, 05.03.2022
金の小売価格は5日、1グラム当たり8036円となり過去最高額となった。共同通信が報じている。
5日、日本の地金大手「田中貴金属工業」が金の小売価格を1グラムあたり前日より78円値上げし、8036円とした。ウクライナ情勢を受けて、安全資産とされる金への需要が続いており、金の小売価格は連日過去最高額を更新している。
ロイターによると、4日の金のスポット価格は0.2%高の1オンス=1939.67ドル(約22万2700円)。
また、ロシアが世界の40%を生産しているパラジウムは4日の取引で7ヶ月半物の高値をつけ、スポット価格は一時2835.48ドル(約32万5500円)まで跳ね上がった。
関連記事
金相場 地質学的危機の中で1900ドル超が維持
金の価格高騰が継続 安全資産としての需要が維持
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала