ペットフードで絶滅危惧種のサメの肉片が発見

© Depositphotos / KvkirillovПодводная съемка акулы
Подводная съемка акулы  - Sputnik 日本, 1920, 06.03.2022
シンガポールの研究者が犬猫用の餌の調査を行い、海水魚で製造されたさまざまなペットフードに、絶滅危惧種をまとめたレッドリストに登録されているサメの肉が使用されていることを明らかにした。ガーディアン紙が報じた。
報道によれば、専門家は16社が「海水魚」から生産したペットフード45品を調査した。これらのペットフードで使用されている多くの成分は、「魚類」「海洋魚」「白身魚」といった一般的な表記で表されている。
「海水魚」で生産されたペットフードを詳しく調べたところ、研究者は、144のサンプルのうち45サンプルでサメのDNAを発見し、そこには絶滅危惧種のクロトガリザメとネムリブカが含まれていた。報道によれば、研究者は、レッドリストに登録されている危急種のヒレトガリザメやヨゴレ、シロワニといった他のサメの遺伝子情報も確認した。
研究者は、今日、サメは世界中で乱獲に晒されており、この50年で個体群が70%以上も減少していると警告、ペットフードの生産にはこれらに代わるものを見つける必要があると提起している。
関連ニュース
南アで絶滅危惧種のペンギン63頭が蜂の襲撃で死亡
近い将来、ニシンやイワシといった魚類は絶滅する
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала