ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ポーランド、MiG-29戦闘機をウクライナに自ら供与できず、「戦争の当事国ではない」

© Sputnik / Pavel Lvov / フォトバンクに移行MiG-29
MiG-29 - Sputnik 日本, 1920, 09.03.2022
ポーランド政府はロシアとの「戦争当事国ではない」ことから、ウクライナにソ連製のMiG-29戦闘機を自ら供与できない。ポーランドのマテウシュ・モラヴィエツキ首相がオスロで開かれた記者会見で表明した。
モラヴィエツキ首相は記者会見で次のように発言した。
ポーランドはこの戦争の当事国ではなく、また北大西洋条約機構(NATO)も戦争当事国ではないことを強調する必要がある。したがって、攻撃兵器の供給について決定を下す上ではNATO全体のレベルで判断する必要がある。したがって、我々はラムシュタイン(ドイツ南部の空軍基地)にある戦闘機の一部を譲渡する用意があるものの、独自の判断で行動することは一切できない。
プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 08.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
ウクライナでの任務は職業軍人だけが実行し、平和を保障する=プーチン大統領
先にポーランド外務省はドイツのラムシュタイン空軍基地にあるMiG-29戦闘機を米軍の管理下に置くことを承認した。一部のデータによるとポーランド軍はMiG-29戦闘機を22機、加えて訓練機を6機所有している。
先にアントニー・ブリンケン国務長官はモルドバのキシニョフで開かれたブリーフィングの中で、米軍ウクライナ政府への軍事支援として、ポーランドに協力する可能性を指摘していた。
ポーランド軍は米軍からF16戦闘機を受け取る代わりにMiG-29戦闘機をウクライナ軍に供与するという合意が取り交わされた模様。
スホイ35 - Sputnik 日本, 1920, 07.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
ウクライナの戦闘機部隊をほぼ殲滅=露国防省
先にウクライナ軍の戦闘機はその一部が国境を越え、ルーマニアなどの近隣諸国へ移動した。コナシェンコフ報道官はウクライナ軍の戦闘機が近隣諸国の航空基地を使用し、そこからロシア軍に対する攻撃を開始する場合、これらの国々はロシアとの衝突に参加したものと評価すると警告した。
関連ニュース
ロシアとの国境付近でウクライナが生物兵器を開発、米国防総省が資金援助=露国防省
ウクライナ政府、NATO加盟申請を取り下げ=停戦交渉代表団メンバー
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала