ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

欧州はロシア産エネルギー燃料の輸入禁止措置で米国を利用=トランプ氏

トランプ氏 - Sputnik 日本, 1920, 09.03.2022
ドナルド・トランプ元大統領はロシア産エネルギー燃料の輸入禁止措置に関する問題で、欧州は米国を利用していると考えている。
トランプ元大統領が発表した声明には、次のように記されている。
先ほど確定したことだが、欧州の国々の大半はロシアの石油とガスをボイコットする問題で米国のあとに続かないようだ。いつも通り、米国は孤独だ。我々が彼らを守ってやり、 ロシアとの戦いでみんながバイデンの後に続くというフェイクニュースを読んでいる間に欧州はこの状況を利用しているのだ。
米中の国旗 - Sputnik 日本, 1920, 09.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
西側諸国、ウクライナ情勢の調停に向けて中国の貢献に期待、対露禁輸措置を無視する中国企業には制裁を用意
先にジョー・バイデン大統領はビデオ演説を通じて、ウクライナ情勢を理由にロシア産エネルギー燃料の輸入禁止を明らかにした。この輸入禁止措置によると、米国企業がロシアとの間で締結した契約書の遂行期間は45日間に制限されたほか、新規契約の締結が禁止された。ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は米国の輸入禁止措置を受けてこれを歓迎し、他国もこの措置にならうよう呼びかけた。
これに対しジョセップ・ボレル外務・安全保障政策上級代表はアルジャジーラ・テレビの取材に応じた中で、「我々はロシアのエネルギーを輸入禁止しない、この問題で我々はバイデンの後には続かない」と発言した。
米国政府がロシア産エネルギー燃料の輸入禁止措置を発表したことを受け、在米露大使館は声明を発表し、これらのエネルギー燃料の供給先を他国に切り替えることを明かした。
関連ニュース
ウクライナの生物研究所がロシア軍に制圧されることを懸念=米国務次官補
ポーランド、MiG-29戦闘機をウクライナに自ら供与できず、「戦争の当事国ではない」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала