日本の海上自衛隊 新型潜水艦「たいげい」就役

新型潜水艦「たいげい」 - Sputnik 日本, 1920, 09.03.2022
日本の海上自衛隊の新型潜水艦「たいげい」が9日、就役した。兵庫県神戸市の三菱重工業神戸造船所で同日、引き渡し式と自衛艦旗授与式が行われた。共同通信などの日本のマスコミが報じた。
「たいげい」は海上自衛隊が運用する22隻目の攻撃型潜水艦。ディーゼル電気推進を採用した新型の潜水艦で、たいげい型潜水艦の1番艦。
海上自衛隊によると、「たいげい」の基準排水量は約3000トン、全長84メートル。
リチウムイオン電池が搭載されており、長時間水中を航行することができるほか、静粛性も向上したという。乗員は約70名。
魚雷や対艦ミサイル「ハープーン」を搭載。読売新聞によると、将来的に射程1000キロの巡航ミサイルが搭載される可能性がある。
関連ニュース
ウクライナ向けの戦闘機供与でポーランドは在独米軍基地の使用を提案、米国側は「非合理的」と拒否
ウクライナ政府、NATO加盟申請を取り下げ=停戦交渉代表団メンバー
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала