ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ザポロジエ原発 放射線量は正常、露国防省の専門家らが管理=ロシア軍

プリピャチ - Sputnik 日本, 1920, 09.03.2022
ロシア軍は、欧州最大級のザポロジエ原子力発電所の状況について、放射線量は正常であり、ロシア国防省の専門家によって管理されていると発表した。
ロシア軍の報道官は記者団に「現時点においてザポロジエ原発の放射線量は正常であり、毎時0.3マイクロシーベルトの閾値で1時間あたり0.08〜0.12マイクロシーベルトの範囲で変動している。スタッフ、放射線に関する人員を脅かすものはなにもなく、スタッフと原発は正常に作業および稼働している」と述べた。
チェルノブイリ原発 - Sputnik 日本, 1920, 25.02.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシア空挺軍 チェルノブイリ原発区域を制圧
また報道官は、同原発で放射線に関係する性質を含む事故は一切なかったと述べた。
これに先立ち、ロシア連邦国家親衛隊は、ザポロジエ原発の状況は同親衛隊の兵士たちの完全な管理下に置かれており、施設を警備していたウクライナ国家親衛隊の兵士(約240人)は武器を引き渡し、家に帰ることが許されたと発表した。
ロシア国防省は、4日未明、ウクライナの破壊工作グループが武力挑発を仕掛け、原発の敷地外にある研究・訓練施設のエリアで武力衝突が起こり、ロシア軍が発砲地点を抑制、原発は管理下に置かれたと発表した。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала