北朝鮮は米軍に関する情報収集のための衛星を開発=金正恩氏

© REUTERS / KCNAГлава КНДР Ким Чен Ын на открытии 3-го пленарного заседания 8-го Центрального комитета Рабочей партии Кореи
Глава КНДР Ким Чен Ын на открытии 3-го пленарного заседания 8-го Центрального комитета Рабочей партии Кореи  - Sputnik 日本, 1920, 10.03.2022
北朝鮮の朝鮮中央通信は10日、同国の指導者、金正恩氏が国家宇宙開発局を視察し、北朝鮮で開発されている偵察衛星は地域の米軍とその「追従勢力」に関する情報を収集するためのものだと述べたと報じた。
朝鮮中央通信は10日、金正恩氏は「軍事偵察衛星の開発とその運用の目的は南朝鮮(韓国)、日本、太平洋上における米帝国主義侵略軍とその追従勢力に関する情報をリアルタイムで朝鮮民主主義人民共和国の軍に提供することにあると指摘した」と報じた。
北朝鮮、ミサイル - Sputnik 日本, 1920, 06.03.2022
北朝鮮 5日発射のミサイルは「偵察衛星開発の実験」
韓国軍合同参謀本部は5日、北朝鮮が平壌郊外から日本海に向けて中距離弾道ミサイルを発射したと発表した。弾道ミサイルは、最高高度560キロメートルで約270キロメートル飛行した。
北朝鮮は今年に入って9回目のミサイル発射について、偵察衛星の開発に関連した試験だったと指摘した。
関連ニュース
米・英など多くの国連加盟国、北朝鮮のミサイル発射を非難
北朝鮮、27日発射のミサイルは「偵察衛星開発のため」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала