ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシア、11日午前より再びウクライナでの「静寂体制」を宣言

© Sputnik / フォトバンクに移行ウクライナからの避難民
ウクライナからの避難民 - Sputnik 日本, 1920, 11.03.2022
ロシアは11日10時(モスクワ時間)より、ウクライナの各都市からの民間人を避難させるための「静寂体制」を宣言した。ウクライナにおける人道支援ロシア省庁間調整本部が明らかにした。
同本部は、ウクライナが数々の居住区で民族主義者に拘束された民間人や外国人の避難に繰り返し頓挫したことや、人道的状況の悪化を考慮し、「2022年3月11日10時(モスクワ時間)から民間人の安全を確保するために、ロシア連邦は『静寂体制』を宣言し、人道回廊(人々が避難する際の安全、およびバスによる輸送や民間道路の通過)を保障する用意ができている」と指摘した。
回廊は、キエフ、チェルニーヒウ、スームィ、ハリコフ、マリウポレからいくつかのルートが開放される。
ウクライナ軍の砲撃で、家の地下シェルターに身を隠す子どもたち(ドネツク人民共和国・ゴルロフカ、8日) - Sputnik 日本, 1920, 09.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
砲撃続くドネツク共和国 子どもたちも地下シェルターに
また、同本部が10日に報告したところによると、ロシア政府およびウクライナ政府は、民間人の避難を簡易化するために、3月11日9時(モスクワ時間)より、継続的な通信を確立する。民間人および外国人の避難準備の進捗状況と「静寂体制」の実際の開始状況に関する情報を相互的に交換するという。
関連ニュース
ウクライナ危機が伝染病の急増を招く WHOが警句
ドネツク ウクライナ工作員によるテロが未然に防止
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала