ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシアが生物・化学兵器を使用しても、ウクライナへの米軍派遣は行わない=ホワイトハウス報道官

© AFP 2022 / Paul J. Richardsホワイトハウスのサキ報道官
ホワイトハウスのサキ報道官 - Sputnik 日本, 1920, 11.03.2022
ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は10日、たとえ非従来型兵器が使用されたとしても、米国はウクライナに軍隊を派遣するつもりはないと表明した。
サキ報道官は会見で、「米軍をウクライナに派遣し、ロシアとの戦争を行うつもりは一切ない」と話した
また、サキ報道官は、米国側の生物・化学兵器計画の存在については否定し、ロシアにはその可能性があると主張。非従来型兵器が使用された場合、米政権の立場の修正につながるかどうかという質問にはこのように答えた。

私は仮説に深入りするつもりはありません。今、私たちが話しているのは、ロシアにそのような可能性や能力があるということです。諜報の詳細に深入りするつもりはありません。しかし、(ジョー・バイデン)大統領の意図、すなわちウクライナでロシアと戦うために米軍を派遣するということは変わっていません。

ビクトリア・ヌーランド国務次官補 - Sputnik 日本, 1920, 09.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
ウクライナの生物研究所がロシア軍に制圧されることを懸念=米国務次官補
ロシアのプーチン大統領は、先月24日午前のテレビ演説で、ドンバスの共和国の指導者の訴えを受け、「8年間ウクライナ政権による虐待、ジェノサイトにさらされてきた」人々を守るため、特殊軍事作戦を実行することを決定したと発表。プーチン大統領によれば、これに向けて「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を実施し、ウクライナ東部で「民間人に対する虐殺」という罪を負うすべての戦争犯罪者を裁判にかけることが計画されている。
ロシア国防省は、ロシア軍は軍事インフラおよびウクライナ軍のみを攻撃しており、一般市民を全く脅かしていないとした。ロシア軍の支援を受け、ドネツク人民共和国(DPR)およびルガンスク人民共和国(LPR)の一団は攻撃を進めている。プーチン大統領は、ロシア政府の計画には「ウクライナの領土の占領は含まれていない」と強調した。
関連ニュース
米国によるウクライナ生物学研究所での実験作業 日本の731部隊に似ている 露生物学防護部隊
露下院 米国のウクライナ領内での生物学研究所を国連、欧州評議会、欧州安全保障協力機構へ調査要請へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала