ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

米国によるウクライナ生物学研究所での実験作業 日本の731部隊に似ている 露生物学防護部隊

© Sputnik / Тарабащук米国によるウクライナ生物学研究所での実験作業 日本の731部隊に似ている 露生物学防護部隊
米国によるウクライナ生物学研究所での実験作業 日本の731部隊に似ている 露生物学防護部隊 - Sputnik 日本, 1920, 11.03.2022
ロシア連邦軍の放射線・化学・生物学防護部隊を率いるイーゴリ・キリロフ中将は、米国のウクライナにおける軍事生物学プログラム内での作業は、日本帝国軍の731部隊の隊員らが第二次世界大戦後に米国に保護され、続けた研究に似ていると述べた。
キリロフ中将は、米国はウクライナ領内での軍事生物学的プログラムの拡大を提案し、特に炭疽病とアフリカ豚熱の病原体の研究実験を継続していたと報告している。
「このほか、調査した資料には、ウクライナ領内における米国の軍事・生物学的プログラムの拡大に関する提案が含まれている。例えば、炭疽病やアフリカ豚熱の病原体の研究を目的としたUP-2、UP-9、UP-10といった生物学的プロジェクトが継続されている証拠が発見された」
中国が米国に要請 ウクライナの軍事生物研究所に関するデータの公開 - Sputnik 日本, 1920, 09.03.2022
中国が米国に要請 ウクライナの軍事生物研究所に関するデータの公開
これに先立ち、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、米国防総省がウクライナ領内での生物兵器製造に資金を提供した事実にロシアは憤っていると述べている。
ラブロフ外相は米国がこれらのプロジェクトを国際社会から隠し、秘密裏に実行していたと指摘した。
関連ニュース
右派セクター本部で情報とNATOのマーク入りのノートパソコンを発見
NATO事務総長が表明 ウクライナ危機に対する同盟の考え
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала