新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

ガラパゴス諸島で新種のゾウガメが見つかる

© Depositphotos / Sunsingerガラパゴス諸島
ガラパゴス諸島 - Sputnik 日本, 1920, 13.03.2022
南米エクアドル領ガラパゴス諸島で新種のゾウガメが見つかった。エクアドル環境省が発表した。
DNA分析の結果、同じ分布圏域に生息し、同種だと考えられていたゾウガメが、実は異なる種に属していることが明らかになった。
研究チームが、ガラパゴス諸島のサンクリストバル島に生息するサンクリストバルゾウガメの遺伝物質を、1906年に島内の洞窟で採取されたサンクリストバルゾウガメの骨のデータと比較したところ、異なっていることがわかった。現存する約8000匹のゾウガメはサンクリストバルゾウガメではなく、新種であることが明らかになった。
ペンギン研究が鳥への脅威に - Sputnik 日本, 1920, 14.02.2022
ペンギン研究が鳥への脅威に
エクアドル環境省は「サンクリストバル島に生息し、サンクリストバルゾウガメと呼ばれていたゾウガメ種は、現存する別の種と遺伝的に同一ではない」と発表した。
さらに、サンクリストバルゾウガメは完全に絶滅した可能性があるが、サンクリストバル島は別の2種の生息地になったとされる。
研究チームは今後、骨や甲羅からより多くのDNAを抽出し、現在サンクリストバル島に生息しているカメの種に新しい名前をつける必要があるかどうかを明確に判断する予定。
関連ニュース
ペットフードで絶滅危惧種のサメの肉片が発見
日本の研究チーム、18世紀に漁網にかかった「人魚のミイラ」を研究
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала