ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

露仏独の電話首脳会談開催、ウクライナ民族主義者らによる犯罪停止に向けた圧力を西側に要請

© Sputnik / Aleksey Nikolskyi / フォトバンクに移行プーチン大統領
プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 13.03.2022
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領はフランスのエマニュエル・マクロン大統領、及びドイツのオラフ・ショルツ首相と75分間にわたって電話会談を行った中で、ウクライナの民族主義的部隊による犯罪行為を停止させるよう、圧力の行使を要請した。
会談の中でプーチン大統領は、ウクライナのシロビキ(治安当局)による、人道的権利の規範侵害に関する際立った事例を指摘した。プーチン大統領によると、ウクライナ側は司法手続き抜きで反体制派に制裁を加えているほか、人質を取って住民を人間の盾として使用、さらには重兵器を学校や病院、幼稚園などの近くに設置しているという。
露外務省 - Sputnik 日本, 1920, 12.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
チェルノブイリ原発が危険というウクライナの声明はデマ=露外務省
また、民族主義的部隊が体系的に住民の救出作業を阻止し、民間人を避難させる際に脅迫するなどしている模様。その上で、ウクライナ南東部のドンバス地域を保護するためにロシア側が進める特殊軍事作戦の状況について西側に報告を行った。
会談では、直近の数日間でロシアとウクライナがビデオ会議形式で実施した交渉の内容についても情報共有を行った。首脳会談では、ロシア側が要求する条件の実現に向けた問題について、検討を行ったという。
バイデン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 12.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシア軍がNATO領に入れば第三次世界大戦の始まり=米大統領
会談後、ドイツの首相官邸は声明を発表し、ウクライナにおける紛争の即時停戦と、外交的手段による解決をロシア側に要請したと明らかにした。ショルツ首相は12日の午前中にウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領と電話会談を行っており、現状に対するウクライナ側の評価を確認し、両首脳は引き続き連携を取ることで合意していたという。
また、フランス大統領府も声明を発表した。BFMTVが報じた声明によると、プーチン大統領は「戦争停止を望む意志」を発揮しなかったため、近くフランス側は新たな制裁を発動するという。フランス大統領府の発表によると、電話会談は「率直で困難」な内容だった模様。
関連ニュース
対露制裁は問題を解決しない=中国外務省
ウクライナで外国の武器を積んだ車列はロシア軍の標的になる=露外務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала