米国 ロシア抜きの代替協定を容認 イラン核合意

© AP Photo / Jon Elswick米国 ロシア抜きの代替協定を容認 イラン核合意
米国 ロシア抜きの代替協定を容認 イラン核合意 - Sputnik 日本, 1920, 14.03.2022
米国は、イラン核合意に関する包括的共同行動計画(JCPOA)を守るために、対露制裁の免除に関する交渉は行わない。ウォール・ストリート・ジャーナル紙が、米政府高官の話を引用して報じている。
ロシアのラブロフ外相は以前、ロシア政府は米国に対し、JCPOA復活後に対露制裁がイランとの経済・軍事技術協力に支障をきたさないことを書面で保証するよう要請したと明らかにした。
同紙によると、米国はJCPOAを「守る」ために「ウクライナ関連」の対露制裁の免除について協議は行わない。そして、ロシア政府が自らの要求を撤回しなければ、米政府はロシア抜きで代替協定を締結しようとするという。
同紙は「ロシアが保証の要求にこだわるか、あるいはロシアが「来週中」に保証に関する正確な要求を回答しない場合、米政府は「速やかに代替ルートを検討する」必要がある」と報じている。
関連ニュース
IAEA事務局長、5日にテヘラン訪問 核開発計画に関する意見の相違について協議
イラン大統領 核合意維持のための条件を挙げる
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала