フィリピンとインドネシアでマグニチュード6.7と6.6の地震が立て続けに発生

地震 - Sputnik 日本, 1920, 14.03.2022
フォローするGoogle news
フィリピンのカブラ島沖で14日、マグニチュード6.7の地震が発生した。その直後にインドネシア沿岸でマグニチュード6.6の地震が発生した。米地質調査所(USGS)が発表した。
フィリピンで揺れが観測されたのは協定世界時(UTC)21時5分(日本時間6時5分)。震源はサン・フェルナンド市から南西に174キロの地点、震源の深さは33キロだった。
一方、インドネシアで揺れが観測されたのは協定世界時(UTC)21時9分(日本時間6時9分)。震源は西スマトラ州パリアマン市から西に168キロの地点、震源の深さは16キロだった。
いずれの地震でも津波警報は発令されていない。
関連ニュース
震災から11年 避難者3万6000人 死者は1万5900人
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала