ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナ西部の軍事演習所を空爆、外国人傭兵180人を殲滅=露国防省

© Sputnik / Ministry of Defence of the Russian Federation / フォトバンクに移行ロシア国防省のコナシェンコフ報道官(アーカイブ写真)
ロシア国防省のコナシェンコフ報道官(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 14.03.2022
ロシア軍は高精度の長距離ミサイルにより、ウクライナ西部の軍事軍事演習所を空爆し、外国人傭兵を180人近く殲滅したほか、外国から持ち込まれた軍事兵器の多くを破壊した。
ロシア軍は現地時間の13日午前、ウクライナ西部のリヴィウ近郊にあるヤヴォリフ軍事演習所を空爆した。この施設では対ロシアの戦闘行為に参加を目指していた外国人傭兵部隊の訓練が行われていたほか、外国から持ち込まれた兵器や軍事技術が保管されていたという。
今回の空爆によりロシア軍は180人近くの傭兵を殲滅したほか、保管されていた武器の大半を破壊した。ロシア軍は、今後も外国人傭兵部隊に対する空爆を実施するとしている。
ロシアのプーチン大統領は、先月24日午前のテレビ演説で、ドンバスの共和国の指導者の訴えを受け、「8年間ウクライナ政権による虐待、ジェノサイトにさらされてきた」人々を守るため、特殊軍事作戦を実行することを決定したと発表。
ロシア国防省は、ロシア軍は軍事インフラおよびウクライナ軍のみを攻撃しており、一般市民を全く脅かしていないとした。3月13日の時点で、ロシア軍は3736の軍事インフラに加え、1234の戦車や装甲戦闘車両、122の多連装ロケット砲、100の戦闘機、136のドローンなどを破壊した。
関連ニュース
露仏独の電話首脳会談開催、ウクライナ民族主義者らによる犯罪停止に向けた圧力を西側に要請
ゼレンスキー大統領、プーチン大統領との首脳会談にエルサレムを提案
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала