ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ゼレンスキー大統領は首都キエフに留まる=宇大統領副顧問

© REUTERS / Ukrainian Presidential Press ServiceПрезидент Украины Владимир Зеленский
Президент Украины Владимир Зеленский - Sputnik 日本, 1920, 15.03.2022
ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は首都キエフに留まっている。キリル・チモシェンコ大統領副顧問が明らかにした。
チモシェンコ大統領副顧問はウクライナ・テレビ「ラダ」の生中継で次のように発言した。

私は大統領や大統領顧問と同じくバンコヴァヤ通り(大統領府)にいる。24時間体制で勤務し、バンコヴァヤ通りに滞在していると言っても良い。このビデオを路上で撮影しているのは、皆さんにフェイクを信じさせないためだ。

鈴木宗男氏 - Sputnik 日本, 1920, 14.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアの特殊軍事作戦 「ウクライナにも責任がある」=鈴木宗男議員
ロシア国家院(連邦下院)のヴャチェスラフ・ヴォロヂン議長はウクライナ最高議会の議員による発言を引用し、ゼレンスキー大統領がキエフを離れ西部リビウに向かい、さらには隣国ポーランドに逃れたと主張していた。これに対し、ウクライナ最高議会はヴォロヂン議長の主張を退けた。
ウクライナ最高議会のイリヤ・キヴァ議員は先にゼレンスキー大統領がポーランドへ逃れ、米国大使館にかくまわれていると主張していた。
なお、ウクライナ・メディア「Strana.ua」によると、ゼレンスキー大統領は国内における戦時体制を延長する法案を最高議会に提出したという。延長は3月26日から30日間の予定で実施される。
関連ニュース
米記者銃殺のキエフ郊外イルペニはウクライナ軍の統制下にある 露国連大使
柔道ロシア代表 国際大会への参加を一時停止
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала