ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナ軍による白リン弾、クラスター爆弾の使用を確認=露国連大使

© Sputnik / Nancy Siesel / フォトバンクに移行ロシアのネベンジャ国連大使
ロシアのネベンジャ国連大使 - Sputnik 日本, 1920, 15.03.2022
ロシアはウクライナ軍による白リン弾、クラスター爆弾の使用を確認した。ワシリー・ネベンジャ露国連大使が国連安全保障理事会の場で発表した。
ネベンジャ国連大使はウクライナ軍が白リン弾に加え、クラスター爆弾などの大量破壊兵器を南東部のドネツクで使用したと国連安保理の場で表明した。 ネベンジャ国連大使によると、ウクライナ軍は国際的な人道上の権利を著しく侵害しているという。
米国務省サキ報道官 - Sputnik 日本, 1920, 15.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
米国と同盟国はロシア経済を完全に破壊した=ホワイトハウス
現時点においてウクライナの民間人に対する主な脅威はウクライナの民族主義グループに端を発しており、これらのグループはウクライナ市民に対して正真正銘のテロ行為を実行していると指摘した。
また国連大使はウクライナの生物研究所に保管されている危険な変異株のバイオマテリアルが過激派の手に渡る可能性があるとして警戒を呼び掛けた。さらに、ウクライナ側が天然ガスの輸送パイプラインに破壊工作を実施する可能性もあるとの情報が入っているという。
なお、ポーランドが議長国を務めるOSCE(欧州安全保障協力機構)は露骨なまでにウクライナ政府と調子を合わせているとしてこれを批判した 。
関連ニュース
ロシアとイスラエルの電話首脳会談開催、ウクライナ情勢を協議
米記者銃殺のキエフ郊外イルペニはウクライナ軍の統制下にある 露国連大使
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала