ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

米中代表団の会談がローマで開催、ウクライナ情勢を協議=ホワイトハウス

© AP Photo / Andy Wong米中の国旗
米中の国旗 - Sputnik 日本, 1920, 15.03.2022
米国と中国の代表団がイタリアの首都ローマで7時間にわたって集中協議を行い、ウクライナ情勢、北朝鮮問題、台湾情勢について検討を行ったほか、両国の競争発展につながり得る「リスク管理」についても意見を交わした。米国政府高官が明らかにした。
今回の協議では米国側の代表団をジェイク・サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)が率いた一方、中国側は外交トップの楊潔篪(よう・けつち)中国共産党中央政治局委員が団長を務めた。
Президент РФ Владимир Путин во время обращения - Sputnik 日本, 1920, 15.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアとイスラエルの電話首脳会談開催、ウクライナ情勢を協議
米政府高官によると、7時間に及んだ集中協議は緊迫した国際情勢に加え、連携の維持に対する積極的な取り組みを反映したものになったという。両代表団は米中関係の主要な問題を全て議論し、特にロシアとウクライナについては意見交換が積極的に交わされた模様。サリバン大統領補佐官は協議の中で、米中が置かれている状況について見通しを示し、眼前に広がるリスクについてコメントしたという。米政府高官によると、この会談は事前に開催が予定されていたもので、ロシアがウクライナで進める特殊軍事作戦によって引き起こされたものではないとのこと。会談の中では北朝鮮情勢や台湾情勢についても議論が交わされた。
Президент Украины Владимир Зеленский - Sputnik 日本, 1920, 15.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
ゼレンスキー大統領は首都キエフに留まる=宇大統領副顧問
サリバン大統領補佐官は会談の中で、中国とロシアがウクライナ情勢で連携していることに深い懸念を示し、中国側への制裁も辞さない姿勢を示したという。
また一部メディアではウクライナ情勢と対露制裁の関連で中国がロシアに軍事支援、経済支援を実施すると報じられている点について、米政府高官は「中国とダイレクトで個別にやり取りをしてるのであって、プレスを経由して中国と連絡を取っているわけではない」と発言し、コメントを避けた。
関連ニュース
ウクライナ情勢を受け、日本がロシアの17個人に追加制裁
米国と同盟国はロシア経済を完全に破壊した=ホワイトハウス
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала