ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

宇西部の軍事演習所に対するミサイル攻撃は露領空から実施、宇上空の飛行禁止空域設定は無意味=米国防総省

米国防総省 - Sputnik 日本, 1920, 15.03.2022
ウクライナ西部のリビウ近郊にある軍事演習場の空爆はロシア領空から実施され、長距離飛行の爆撃機から発射された巡航ミサイルにより多数の軍事施設が破壊された。空爆はウクライナ領空から実施されたものではない以上、ウクライナ政府が要請している上空の飛行禁止空域設定を支持する必要はない。米国防総省の高官が表明した。
国防総省によると、リビウ近郊の軍事演習場に対するミサイル攻撃はロシア領空から実施されたものだという。この攻撃には長距離飛行の爆撃機が使用され、ロシアの爆撃機はウクライナ領空に侵入しなかったことから、国防総省高官はウクライナ政府が米国およびNATO(北大西洋条約機構)に要請している上空の飛行禁止区域設定を支持する必要はないと表明した。
ロシア国防省のコナシェンコフ報道官(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 14.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
ウクライナ西部の軍事演習所を空爆、外国人傭兵180人を殲滅=露国防省
政府高官によると、この攻撃では20発以上の巡航ミサイルが発射され、少なくとも7つの軍事施設が破壊されたという。具体的な損失については言及しなかったものの、米国の軍人、及び民間人に犠牲者はいないとのこと。
また、攻撃された施設はいずれも軍事支援物資の中継基地には使用されていなかったことから、この空爆は今後の軍事支援に影響を与えないという。
関連ニュース
ウクライナ軍による白リン弾、クラスター爆弾の使用を確認=露国連大使
米記者銃殺のキエフ郊外イルペニはウクライナ軍の統制下にある 露国連大使
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала