福島県、宮城県で再び揺れ 最大震度2

地震 - Sputnik 日本, 1920, 17.03.2022
日本時間17日1時14分頃、福島県沖を震源地とするマグニチュード4.5の地震が観測された。最大震度2の揺れが宮城県、福島県で感じられている。
前日16日23時34分頃、宮城県、福島県を中心に震度6強の大きな揺れが観測されており、その後、0時28分、0時52分(最大震度4)、1時06分と余震が続いている。
JR東日本は東北新幹線の下り列車が福島駅と白石蔵王駅の間で脱線したことを確認したと発表した。
福島第一原子力発電所2号機で地震の影響から使用済み核燃料プールにつながるタンクの水位が一時、低下した。東京電力は弁を閉め、水位の低下を止めたものの、プールに循環させる冷却水が送れなくなっていると発表している。また5号機の火災報知器が作動したものの、東電と消防の双方で確認したところ、火災の発生はなかったことが明らかになった。
関連ニュース
福島、宮城両県で震度6強の地震
フィリピンとインドネシアでマグニチュード6.7 と6.6の地震が立て続けに発生
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала