福島・宮城で震度6強 2人死亡、126人負傷

© REUTERS / Issei Kato地震により停電が発生した東京
地震により停電が発生した東京 - Sputnik 日本, 1920, 17.03.2022
16日深夜、福島県沖を震源とし最大震度6強を観測した地震で、17日午前8時の時点で2人が死亡し、少なくともあわせて126人が負傷した。NHKなど日本の各メディアが伝えている。
16日23時34分頃、宮城県、福島県で最大震度6強の地震が発生。気象庁は当初、地震について、震源の深さを60キロ、マグニチュードを7.3としていたが、その後、震源の深さを57キロ、マグニチュードを7.4に更新した
震度6強を観測した福島県相馬市では、男性1人の死亡が確認された。また、同じく震度6強を観測した宮城県登米市でも、70代の男性が死亡が確認された
このほか、NHKによると、17日午前7時の時点で、宮城県、福島県、岩手県、山形県、秋田県、関東甲信越で計126人が負傷した
コロナ対策 - Sputnik 日本, 1920, 16.03.2022
新型コロナウイルス
日本 まん延防止措置、21日で全面解除へ
宮城県と福島県の沿岸に発令されていた津波注意報は、17日午前5時にすべて解除された
東京電力によると、この地震により管内1都8県で大規模な停電が発生。17日午前2時50分すぎに解消した。東北電力によると、17日午前6時半現在、宮城県と福島県を中心に約4万1000戸で停電が発生している。
また、JR東日本によると、東北新幹線の下り列車が福島駅と白石蔵王駅の間で脱線しているのが確認された。乗客・乗員に怪我はなかったものの、設備の点検のため、那須塩原駅〜盛岡駅については運転再開の見通しが立っていないという。
気象庁は、強い揺れが観測された地域では、今後1週間程度、最大震度6強程度の揺れに警戒するよう呼びかけている。
関連ニュース
フィリピンとインドネシアでマグニチュード6.7と6.6の地震が立て続けに発生
沖縄・伊江島空港で小型機墜落 乗員2人死亡 訓練中
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала