ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシア国家院議長 「バイデンがウクライナ情勢の責任を負うべきと認識している」

© Sputnik / Michael Klimentyevロシア国家院議長 「バイデンがウクライナ情勢の責任を負うべきと認識している」
ロシア国家院議長 「バイデンがウクライナ情勢の責任を負うべきと認識している」 - Sputnik 日本, 1920, 17.03.2022
ロシアのヴャチェスラフ・ヴォロジン国家院議長は、ジョー・バイデン米大統領がウクライナ情勢の責任を負わなければならないことを認識していると表明した。
ヴォロジン国家院議長は自身のテレグラム・チャンネルで「ワシントンはヒステリーを起こしている。上院議員から大統領まで。理由は明らかである。ロシアに対する制裁は効かない。ロシア社会はプーチン大統領の味方である。ウクライナは制御不能である。米国だけでなく、ヨーロッパでもエネルギーと燃料価格の上昇は記録を更新している」と投稿した。
また同氏は「バイデンは、ウクライナで起こっていることの責任を負わなければならないことを認識している」と表明した。
バイデン米大統領 - Sputnik 日本, 1920, 17.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
プーチン大統領は「戦争犯罪者」とバイデン大統領 露大統領府は「許しがたい表現」と反論
ヴォロジン氏によると、以前、プーチン氏は安全保障の問題についての対話を追求するよう、バイデン氏に促したが、米大統領は対話の必要がないと思っていた。
関連ニュース
「我々はやれる限りを尽くした」EUの対露金融制限は可能な限りの限界に 外務・安全保障政策上級代表
NATO加盟は不可能 ウクライナ大統領が現状認識
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала