ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ホワイトハウス、MiG-29戦闘機のウクライナへの供与が不可能である理由を説明

© Sputnik / Mikhail Voskresensky / フォトバンクに移行ホワイトハウス、MiG-29戦闘機のウクライナへの供与が不可能である理由を説明
ホワイトハウス、MiG-29戦闘機のウクライナへの供与が不可能である理由を説明 - Sputnik 日本, 1920, 17.03.2022
ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は、米国がMiG-29戦闘機をウクライナに供与することは不可能であるという決定を変更していないと表明した。
サキ報道官は「ウクライナへの戦闘機の供与は、エスカレーションとして誤って認識される可能性がある」と述べた。
サキ氏は、バイデン米大統領がウクライナのゼレンスキー大統領の演説を聞いたが、国防総省の評価に基づいて自身の決定を変更しなかったことを明らかにした。サキ氏は、戦闘機の供与はウクライナ軍の軍事力を大きく変えることはないという政府の見解を明かした。
NATO軍 - Sputnik 日本, 1920, 16.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
ポーランド副首相、ウクライナに国際的平和維持軍の派遣を提案
これより前、ポーランドがウクライナに対して戦闘機の供与を計画している問題で、米国防総省のジョン・カービー報道官は、こうした行動はNATO(北大西洋条約機構)とロシアとの衝突に発展する可能性を高めるものだとして、米国はこれを支持しないと明らかにした。
関連ニュース
ウクライナ向けの戦闘機供与でポーランドは在独米軍基地の使用を提案、米国側は「非合理的」と拒否
ポーランド、MiG-29戦闘機をウクライナに自ら供与できず、「戦争の当事国ではない」
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала