ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ラブロフ露外相、欧米はロシアを排除、発展阻止を狙っている

© Sputnik / Alexey Filippov / フォトバンクに移行ラブロフ外相
ラブロフ外相 - Sputnik 日本, 1920, 18.03.2022
ラブロフ露外相は欧米がロシアを排除し、その発展を止めることを狙っていると明言。ラブロフ外相はテレビRTからのインタビューにこう述べている。
ラブロフ外相はさらに、「同時に欧州は事実上、米国への従属状態を止める試みをやめた」と指摘。

ロシアへ制裁の圧力は続けられている。こうしたことにロシアはもう慣れた。(欧米の試みは)常にロシアをさらに強くしただけだ。

ラブロフ外相は、「ロシアは相互信頼の原則で行動する意思のある者とは今までどおり協力するつもりだ。これは東アジアの国々に当てはまる」と付け加えた。
ウクライナ一般市民はキエフ政権に何の関心も持っていない プーチン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 16.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
ウクライナ政権は一般市民に何の関心もない プーチン大統領
プーチン大統領が言ったように、私たちは制裁措置の数ではチャンピオンだ。個人制裁は5000を越えた。この数字は北朝鮮、イランに課せられた制裁のほぼ2倍だ。
ラブロフ外相は中国、インド、ブラジル、メキシコなどの諸国は「米国の笛に合わせて踊りはしない」と明言。
ロシアが今、頼りにできるのは自国と残された連合国のみ。西側に対する幻想は一切ない。
ラブロフ外相はさらにこう付け加えた。

ウクライナはミンスク合意を履行もせず、失ったドネツク人民共和国、ルガンスク人民共和国の占領を用意していた。恐ろしい流血という方法で

民兵が人道支援物資を配布するのを手伝う地元住民ら(ルガンスク人民共和国、14日) - Sputnik 日本, 1920, 15.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
ドネツク・ルガンスク両共和国 人道支援物資の配布続く
ドネツク人民共和国に話を戻すと、ロシアは作戦を開始することで、事実上、この(編集:ウクライナのドネツク、ルガンスク人民共和国占領)恐れに先手を打ったとラブロフ外相。

ウクライナは米国とNATOをこの紛争に引きずりこむ意思を隠していない。自国上空への飛行禁止空域の導入をたえず西側に求めている。欧米の指導者らは、第三次世界大戦の危険性から空域封鎖は不可能と言いながら、ウクライナへの武器供給は止めていない。

ウクライナのゼレンスキー大統領 - Sputnik 日本, 1920, 15.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
NATO加盟は不可能 ウクライナ大統領が現状認識
またラブロフ外相は、米国防総省が世界中に軍事生物学研究所を展開と明言。その最大規模のプロジェクトがウクライナである可能性をロシアは否定していない。
ラブロフ外相は、ロシアとウクライナ、そして両国民の関係は和平後、徐々に正常な状態に戻ると予想。

我々の文化、歴史、生活の仕方、世界観、家庭や社会における伝統は共通している。この異常事態が収まれば、徐々に正常な状態に戻ると私は期待している。

ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала