ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

マリウポリの状況は緊迫:電気は通っておらず、住民の食品備蓄は底をつき、中心部では戦闘が続く

© Sputnik / Alexey Kudenko  / フォトバンクに移行マリウポリ
マリウポリ - Sputnik 日本, 1920, 19.03.2022
リア・ノーヴォスチ通信の特派員は18日、マリウポリの状況は緊迫しており、住民は街を離れていると伝えている。
特派員によると、マリウポリには電気が通っておらず、住民たちは食品備蓄が底をついた。食料の供給はないほか、事実上すべての店舗が破壊またはすでに略奪されている。
一方、マリウポリ中心部では戦闘が続いている。発砲、爆発、砲の一斉射撃の音が市全体で聞こえる。市中心部に通じる主要道路は、さまざまな機器や車両のバリケードで封鎖されているという。
ウクライナから逃れた避難民 - Sputnik 日本, 1920, 18.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
日本政府 身元保証なしの入国を特例で容認 ウクライナ避難民
また特派員によると、そこにウクライナの民族主義者とウクライナ保安庁の刑務所や拷問室があることで知られるマリウポリ空港は、ドネツク人民共和国軍の完全な管理下に置かれた。
ドネツク人民共和国がウクライナからの独立を宣言した2014年の時点で、人口約45万人のマリウポリはドネツクに次いで同共和国で2番目に大きな都市だったが、同年6月、ウクライナの治安部隊がマリウポリに対する管理を取り戻し、その東部郊外はウクライナで最も激しい紛争地の1つとなった。
関連ニュース
日本の林外相 トルコとUAEを訪問へ ウクライナ情勢と原油価格安定について協議
日本、ウクライナからの73人の避難民を受け入れる
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала