ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

首相、インド向け出発 対ロ「現状変更許さず」

岸田文雄首相は19日、インド、カンボジア訪問のため、政府専用機で羽田空港を出発した。夜にはインドのモディ首相と会談する。出発前、ロシアのウクライナ侵攻を踏まえ「力による一方的な現状変更をインド太平洋で許してはならない。国際社会との結束をしっかり確認したい」と記者団に述べた。昨年10月の首相就任後、外国訪問は11月の英国以来、2回目。
岸田首相はモディ氏との会談を巡り、数カ月以内の日本開催で合意している日米豪印4カ国枠組み「クアッド」首脳会合の成功と、「自由で開かれたインド太平洋」の実現へ連携を確認する考えを記者団に示した。
(c)KYODONEWS
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала