ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

欧米諸国、ロシアとの協議におけるウクライナの不明瞭な立場に懸念=メディア

© REUTERS / Umit Bektasウクライナのゼレンスキー大統領
ウクライナのゼレンスキー大統領 - Sputnik 日本, 1920, 20.03.2022
ウクライナ情勢の解決に向け仲介を行う西側諸国は、ロシアとウクライナの協議についてさまざまな見解を示している。これについて、ワシントン・ポスト紙は欧米の政府高官からの情報として、西側諸国は、ウクライナが停戦に向けて最終的にどのような妥協をすることができるのか理解できずにいると報じている。
ワシントン・ポスト紙によれば、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は「厳しい選択」を迫られており、ウクライナ政府はロシア側の提示する要求のうち、何が受け入れ可能であり、どのような譲歩ができるのか決めかねているという。さらに、ウクライナ政府がロシアとの間で協議している和平合意の詳細については、西側の首脳にとっては依然、謎のままとなっていると同紙は強調している。
欧米諸国の外交官らは、ロシアとの和平合意締結に向けたゼレンスキー大統領の不明瞭なシグナルは、「協議の行方」に対する懸念を強めるものだと指摘している。また、協議の内容に詳しい政府高官は「ゼレンスキー大統領はポーランド、チェコ、スロベニアの首相らとの協議の中で、交渉による解決に特に大きな関心を示さず、ウクライナはロシアのウラジーミル・プーチン大統領が要求を変えない限り、戦闘を続けると述べた」と明らかにしている。
ウクライナ危機:10の質問と9の答え - Sputnik 日本, 1920, 19.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
ウクライナ危機:10の質問と9の答え
協議の進展について、ミハイル・ポドリャク大統領顧問がゼレンスキー大統領の立場と異なる発言をしていることについて、ある米政府高官はワシントン・ポスト紙に対し、これはウクライナ政府が、市民が停戦のために何を犠牲にしようとしているのか明確に理解していないことを意味していると指摘した。また別の高官は、米国はウクライナの立場に関する矛盾した情報に「頭を抱えている」と述べた。
一方、秘密裏に行われる協議は紛争を終結させる可能性はあるが、欧州の安全保障に大きな影響を及ぼす可能性がある。西側政府高官は、ロシアが軍事力を用いてウクライナでの政変を実現させた場合、ロシアは、別の場所でもこうした戦術を用いる可能性があるとの懸念を示している。
Президент Украины Владимир Зеленский - Sputnik 日本, 1920, 19.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
ウクライナの領土回復についてロシアと対話すべき時が来た=宇大統領
停戦協議でロシアの代表団を率いるウラジーミル・メディンスキー大統領補佐官は19日、ウクライナの中立化とNATO非加盟が、ロシアとウクライナの立場を最大限に近づけることになると述べ、ロシアとウクライナはウクライナの非武装化に関する合意に向け、5合目に到達したとしていた。
一方、非ナチ化交渉についてメディンスキー氏は、ウクライナの代表団は、ウクライナにはナチス的集団は存在せず、現代のウクライナで議題となるものではないと述べた。さらにメディンスキー氏は、ドンバスの住民らは自分たちが暮らす領土の管轄権については、独自に解決しなければならないと主張した。
関連ニュース
露仏首脳会談開催、ウクライナ情勢を協議
ゼレンスキー大統領が独議会で演説 ロシアとの関係保持を痛烈批判 禁輸が必要
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала