スペースX社が創立20年:これまでに達成したものは?

© REUTERS / Joe SkipperスペースX(アーカイブ)
スペースX(アーカイブ) - Sputnik 日本, 1920, 20.03.2022
米企業家のイーロン・マスク氏は2002年3月14日にスぺースX社を創立した。同氏の夢は、再利用可能なロケットや民間宇宙船、他の先進的技術の開発だった。20年の事業を振り返り、イーロン・マスク氏とスペースX社のスタッフらは、ビデオ動画で大きな成功を収めることができたと語った。同社の過去の業績は以下の通り。
1.スペースX社は、宇宙ロケット「ファルコン9」および「ファルコンヘビー」の1段目を再利用する技術を開発した。これにより、宇宙へのロケットの打上げコストが実質的に低減された。
2.2020年5月、スペースX社は初の試験ミッション「Demo-2」を開始し、その過程でクル
ードラゴン号の搭乗員は2人の宇宙飛行士を国際宇宙ステーション(ISS)に送り届けることに成功している。それ以前、米航空宇宙局(NASA)がスペースシャトルの使用をやめた2011年以降、米国には自力で宇宙飛行を行う能力がなく、ロシアの宇宙船を利用せざるを得なかった。
マスク氏 - Sputnik 日本, 1920, 15.03.2022
ウクライナをめぐる情勢悪化
イーロン・マスク氏、ウクライナを賭けプーチン大統領に決闘を挑む
3.2021年、宇宙旅行がかつてなく発展する中で、スペースX社は宇宙旅行企業ヴァージン・ギャラクティック社と航空宇宙企業ブルーオリジン社と競合したが、スペースX社だけが歴史上はじめて、旅行客を搭乗させた同社のドラゴン号による地球の軌道上への商業フライトを取り組んだ。この飛行は3日間に及んだ。
4.2017年、マスク氏は、スペースX社の宇宙船に搭乗するNASAの宇宙飛行士などのために設計されたオリジナルの宇宙服を発表した。
5.スペースX社は衛星インターネットアクセスサービス「スターリンク」を開発した。
6.再利用可能な宇宙船「スターシップ」の軌道への打ち上げを開発・準備している。同船は、火星や太陽系の他の遠隔地への人の運搬を目的としている。
通信社「スプートニク」は以前、イーロン・マスク氏が、各国からの要望にも関わらず、スターリンクがロシアの報道機関をブロックすることを拒否している。
関連ニュース
イーロン・マスク氏、火星移住の費用を明かす
スペースX、民間人による初の宇宙遊泳実施へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала