ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシアがウクライナで化学兵器を使用する場合、米国は「攻撃的」に対応する=米国連大使

© AP Photo / Massoud HossainiМорские пехотинцы США в военном лагере Шораб в провинции Гильменд, Афганистан
Морские пехотинцы США в военном лагере Шораб в провинции Гильменд, Афганистан - Sputnik 日本, 1920, 21.03.2022
リンダ・トマス=グリンフィールド米国連大使はウクライナで化学兵器が使用される場合、「攻撃的」に対応すると表明した。
ロシア側はこれまで、キエフの政権がウクライナで化学兵器を使用し、この偽旗作戦によって全責任をロシア側に擦り付ける考えであると再三指摘してきた。
トマス=グリーンフィールド国連大使は米CNNテレビの取材に応じた中で次のように発言した。

我々は彼ら(ロシア連邦)がウクライナで化学兵器を使用する可能性があることに懸念を抱いている。仮に彼らがこのレベルまで状況を悪化させるのであれば、我々は彼らの行為に対し、攻撃的に反応することを明確に示してきた。

また国連大使は、化学兵器が使用される場合、対露制裁を更に強化させる姿勢を示した。
中国外務省「ウクライナ問題に関する中国の立場は、歴史の正しい側に」 - Sputnik 日本, 1920, 20.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
中国外務省「ウクライナ問題に関する中国の立場は、歴史の正しい側に」
先に在米ロシア大使館は米国の特殊組織による支援を受けたウクライナの過激派組織が挑発行為を目的に毒物使用のシナリオを複数用意していると表明していた。大使館側の情報によると、この非人道的な行動の課題はロシアがウクライナの住民に化学兵器を使用したという非難を捏造するためだという。大使館側はこの情報に甚大な懸念を表明すると同時に、米国政府は今日に至るまで、攻撃目的の毒物を国内で保管しており、これらの毒物を破棄していないことにも懸念を示した。
関連ニュース
ウクライナの衝突が国外に飛び火するのを断固阻止=NATO事務総長
宇大統領、3月26日から戦時体制を30日間延長
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала