新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

4脚ロボットがたった3時間の学習で雪道での走行が可能に 米大学が開発

© 写真 : Massachusetts Institute of Technology4脚ロボット「ミニチーター」
4脚ロボット「ミニチーター」 - Sputnik 日本, 1920, 21.03.2022
米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者らが2019年に開発した4脚ロボット「ミニチーター」。同大学の研究者らは今回、このロボットに3時間で100日分の経験を学習させ、様々な地形に応じて走行するアプローチを開発した。MITがウェブサイトで発表している。
この方法を開発したのは、MITコンピュータ科学・人工知能研究所(CSAIL)のエンジニアであるプルキット・アガラワル助教授ら。アガラワル氏によると、ロボットにとって雪や氷に覆われた場所を走行するのは困難であり、人間であれば、そういった場所で速度を落とすことができるが、ロボットにはこれまでそのような適応力がなかったと指摘する
しかし今回アガラワル氏は、シミュレーションに基づいてロボットの挙動を修正するアプローチを開発した。この方法により、ロボットの挙動は改善され、実世界で地形に応じて走行できる可能になったという。
研究者らは、この方法でロボットは3時間で100日分の経験を学習し、実際の社会で必要とされるスキルを学ぶことができると強調している。このアプローチにより、ロボットは瞬時に地形を検知し、転倒を避けようと状況に即座に適応することができるという。
ニューラルネットワーク - Sputnik 日本, 1920, 08.03.2022
IT・科学
マサチューセッツ工科大学 病気治療の予測をニューラルネットワークに習得
関連ニュース
AI搭載ドローンに落下隕石の探査を訓練
手の届かない場所で利用できるロボット虫 研究者らが開発
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала