露米関係は崩壊の瀬戸際にある-ロシア外務省

© AFP 2022 / Mladen Antonov米国とロシア
米国とロシア - Sputnik 日本, 1920, 22.03.2022
ロシアのセルゲイ・リャブコフ副外相は、ロシア連邦と米国の関係は、崩壊の瀬戸際にあり、その責任は米国政府にあると述べ、問題は、米国が将来どのような方針を選択するかということだと述べた。
記者に対し同副外相は、「昨日、米国大使に抗議文を提出した。そこでは、生じている事態が両国関係を崩壊寸前にしていると強調されている。米国がどのような方針を選択するかが問題だと、再度強調しておく」と語った。
同副外相は、「言葉によるエスカレーションと同様に、ウクライナ政府への武器供与という点でも、ロシアとの関係のエスカレーションを止める必要がある。ロシアにとって脅威となることを止めなければならない」と強調した。
制裁(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 21.03.2022
ウクライナをめぐる情勢悪化
EUと米国、対ロシア制裁拡大検討へ ロシア産原油の禁輸含む
リャブコフ副外相は、「もし彼らがウクライナ政府に何らかの好ましい影響を与えることができるなら、私はそれを疑うことはなく、そうではないと確信しているが、その場合、関係正常化に向け一定の展望が生まれることになる」と語った。
また、同副外相は、現在、両国関係は悪化傾向にあり、それは米国側に責任があると指摘した。
関連ニュース
日本のウクライナ情勢への反応を日露関係に結び付けるのは不当 日本外務省
ザハロワ露外務省報道官、米国政府は企業へのロシア撤退を要請していないとの声明に皮肉のコメント
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала