ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

岸田首相、ロシアによる平和条約交渉停止「極めて不当、断じて受け入れられない」

© Sputnik / Grigoriy Sisoev岸田首相
岸田首相 - Sputnik 日本, 1920, 22.03.2022
日本の岸田文雄首相は22日の参院予算委員会で、ロシアが日本との平和条約締結に関する交渉を停止すると決定したことに対し、「極めて不当であり、断じて受け入れることはできない」と発言した。
岸田首相は、今回の平和条約交渉停止は、ロシアによるウクライナでの特殊作戦に起因して発生しているものであると指摘した上で、それを日露関係に転嫁しようとする対応は「極めて不当であり、断じて受け入れることはできない。逆に日本として(この決定に)強く抗議する」と強調した。
ロシア下院国際問題委員会のスルツキー委員長 - Sputnik 日本, 1920, 22.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
米国の機嫌をとるため、日本政府はロシアとの平和条約交渉を犠牲にした=露下院外交委員長
ロシアによる平和条約交渉停止に抗議するということは、日本はまだ交渉を継続してほしいというメッセージに聞こえるのではないかとの問いに対し、岸田首相は「北方領土問題を解決して、平和条約を締結するという基本的な我が国の立場は変わっていない」と主張した。
また、岸田首相は「ウクライナ情勢に照らして、ロシアとの平和条約交渉の展望を申し上げることはできない」と繰り返した。そして、日本は引き続きロシアに対して国際社会と協力しながら行動していくと語った。
関連ニュース
ロシアへの経済制裁「効果ある」過半数 日本 世論調査=FNN
ウクライナ危機解決に向けた日本の役割とは?
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала