ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

バイデン大統領 インドのウクライナに関する立場は「ややぐらついている」

バイデン氏 - Sputnik 日本, 1920, 22.03.2022
バイデン米大統領は、米国、日本、豪州も加盟する安全保障のための国際的枠組み「クワッド」(QUAD)の中で唯一、インドだけがウクライナに対する立場が「ややぐらついている」と述べた。ロイター通信が、21日に全の実業者代表を集めて行われた会議の席でのバイデン大統領の声明を引用して報じた。
バイデン氏は、インドを除くクワッド加盟国がロシア企業やロシア国民に制裁を発動したにもかかわらず、インドはロシアを非難さえしていないと強調した。バイデン大統領は「我々はNATOでも太平洋地域でも同じ戦線で発言してきた」と述べ、「クワッドでは、立ち入りがやや不安定なインドを除いて、日本とオーストラリアはウクライナでのロシア軍の特殊作戦に非常に強い姿勢で臨んでいる」と指摘した。
これに先立ち、インドは、国連総会のウクライナへのロシアの行動を非難する決議の投票を棄権し、ウクライナ情勢に関する国連安全保障理事会の会合召集の是非を問う投票も棄権している。モディ印首相は、インドは経済、安全保障、教育、政治においてロシア、ウクライナと密接な関係にあるため、中立的な立場を保持すると明言している。
関連ニュース
岸田首相が帰国の途に インド、カンボジア歴訪終え
スズキ インドで電気自動車生産拡大に1500億円を投資へ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала