ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

「つい感情的に」ロシア人捕虜を去勢せよのウクライナ人医師が発言撤回

© Sputnik / Maksim Blinov / フォトバンクに移行ロシアの軍人
ロシアの軍人 - Sputnik 日本, 1920, 22.03.2022
ウクライナで捕虜のロシア兵を去勢せよと呼びかけたウクライナ人医師のゲンナージー・ドルゼンコ氏が自分のFacebook上で自分の決定を変更し、医師らは去勢手術を行わないと強調した。
「ニコライ・ピロゴフ記念第1志願移動病院は誰も去勢しておらず、これからもしない。感情がほとばしり出てしまい、非常に残念に思う。我々は命を救っている。ピリオド」ドルゼンコ氏はFacebookにこう記した。
ドルゼンコ医師は前日にウクライナ24TVチャンネルに出演した中で、ロシアの軍人は去勢すべきだと発言した。病院の報道部は、ドルゼンコ医師のこの声明は、医師とその家族が脅迫を受けていたことに起因すると説明している。
これに先立ち、ロシア捜査委員会にはドルゼンコ医師がロシア人捕虜に暴力をふるうよう呼びかけたことについて捜査要請が入った。ロシア捜査委員会はまた、ドルゼンコ医師を国際指名手配に処す計画で、同医師が法律、医療倫理にも反するような姿勢をとっていたことが調べによって明らかになっている。
関連ニュース
米国 ウクライナにソ連の対空防衛システムを秘かに渡している マスコミ
日本からウクライナへの衛星データ提供「ロシアは軍事参加とみなすおそれ」露専門家に聞く、対露制裁の影響
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала