キエフ、税率引き下げ求め数千人がデモ - Sputnik 日本, 1920
ウクライナをめぐる情勢悪化
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

原子爆弾を作ったロスアラモス研究所がウクライナ軍事生物学プログラムを監修 露国防省

© REUTERS / Joshua Roberts原子爆弾を作ったロスアラモス研究所がウクライナ軍事生物学プログラムを監修 露国防省
原子爆弾を作ったロスアラモス研究所がウクライナ軍事生物学プログラムを監修 露国防省 - Sputnik 日本, 1920, 25.03.2022
ロシア連邦軍の放射線・化学・生物学防御部隊を率いるイーゴリ・キリロフ中将は24日のブリーフィングで、ウクライナで米国が展開する軍事生物学プログラムについて、その科学的監督機関のひとつに、人類初の原子爆弾が開発されたロスアラモス国立研究所が入っていると指摘した。
キリロフ中将は、「プログラムのあまりの規模に圧倒される。関与しているのは軍部だけではない。米国際開発庁、ジョージ・ソロス財団、疾病管理予防センター(CDC)もだ。科学的な監修は、マンハッタン計画で核兵器を開発するロスアラモス国立研究所など、一流の研究機関が担っている」と述べた。
ロシア外務省 - Sputnik 日本, 1920, 21.03.2022
ウクライナをめぐる情勢悪化
ロシア外務省、中国大使と米国のウクライナでの軍事生物学研究について討議
さらにキリフロフ中将は、「これらの活動はすべて米国防総省の完全な管理下で行われている」と付け加えた。
ロシアの国連大使にワシーリー・ネベンジャ氏 - Sputnik 日本, 1920, 19.03.2022
ウクライナをめぐる情勢悪化
ウクライナと米国は生物毒素兵器禁止条約に違反しており、ウクライナでの軍事生物活動に関する証拠が見つかっている=ロシア国連大使
関連ニュース
露下院 米国のウクライナ領内での生物学研究所を国連、欧州評議会、欧州安全保障協力機構へ調査要請へ
バイデン米大統領、欧州での生物兵器開発を否定
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала