北朝鮮ミサイル発射で日米外相が電話会談 

© AP Photo / Ahn Young-joon北朝線ミサイル
北朝線ミサイル - Sputnik 日本, 1920, 25.03.2022
24日、林外相は同日、北朝鮮が新型ICBM級とみられる弾道ミサイルを発射したことを受けてブリンケン米国務長官と電話会談を実施し、「国際社会に対する明白かつ深刻な挑戦であるという認識」で一致した。日本外務省の公式サイトが明らかにした。
日本外務省の公式サイトによれば、林外相とブリンケン米国務長官は、「国連安保理決議に従った北朝鮮の完全な非核化に向けて、国連安保理での対応を含め、日米、日米韓で緊密に連携して毅然と対応をする」ことを確認した。
また、この発射が国際社会がロシアのウクライナ侵略への対応に注力している中で起きたとして、両外相は、「北朝鮮に挑発的な行動を進める機会の窓が開いたと誤信をさせてはならない」という点で意見の一致を見ている。
関連ニュース
北朝鮮は2年以内に米国のミサイル防衛を突破-専門家
韓国安園保障会議が緊急会合 北朝鮮のロケット砲発射を受け
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала