ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

NATO、生物・化学兵器による攻撃を特定する手段や防護装備をウクライナに提供予定

© REUTERS / Eric VidalNATOのストルテンベルグ事務総長
NATOのストルテンベルグ事務総長 - Sputnik 日本, 1920, 25.03.2022
北大西洋条約機構(NATO)のイェンス・ストルテンベルグ事務総長は、NATO加盟国はロシア側が仕掛けたとされる生物・化学兵器による攻撃を特定するための手段や防護装備をウクライナに提供する見通しだと表明した。
ストルテンベルグ氏は、CNNのインタビューに対し「我々はウクライナと情報共有し、生物・化学兵器による攻撃を特定することができる技術的手段や防護装備を提供する見通しだ」と述べた。ストルテンベルグ氏は、西側諸国は生物・化学兵器の使用は国際法の直接的な違反であると考えており、ウクライナにおける現在の紛争の本質を変えるだろうと強調した。
原子爆弾を作ったロスアラモス研究所がウクライナ軍事生物学プログラムを監修 露国防省 - Sputnik 日本, 1920, 25.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
原子爆弾を作ったロスアラモス研究所がウクライナ軍事生物学プログラムを監修 露国防省
先に、バイデン米大統領は、ロシア政府は米国とウクライナが生物・化学兵器の使用を検討しており、これらの兵器の所持について非難していると明らかにした。ロシアのセルゲイ・リャブコフ外務次官は、ロシアが生物・化学兵器を悪用する可能性があるとする米国の声明を挙げ、「我々はどちらの兵器も持っていない」と指摘した。
米国防総省は今週初め、ロシアがウクライナで生物・化学兵器を使用することを示すデータはないと発表した。
ロシア連邦国防管理センターのミハイル・ミジンツェフ所長 - Sputnik 日本, 1920, 20.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
ウクライナの民族主義者が化学物質による挑発行為を準備 ロシアを非難するため=ロシア国防省
以前、ロシア国防省のイーゴリ・コナシェンコフ報道官は、ウクライナの民族主義者が有毒物質を使用した挑発行為を準備し、この罪をロシア軍になすりつけるとする可能性があると警告した。また、在米ロシア大使館は米国の特殊組織による支援を受けたウクライナの過激派組織が挑発行為を目的に毒物使用のシナリオを複数用意していると表明していた。大使館側の情報によると、この非人道的な行動の課題はロシアがウクライナの住民に化学兵器を使用したという非難を捏造するためだという。大使館側はこの情報に甚大な懸念を表明すると同時に、米国政府は今日に至るまで、攻撃目的の毒物を国内で保管しており、これらの毒物を破棄していないことにも懸念を示した。
関連ニュース
バイデン米大統領、欧州での生物兵器開発を否定
ロシアがウクライナで化学兵器を使用する場合、米国は「攻撃的」に対応する=米国連大使
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала