北朝鮮のミサイル、射程は1万5000キロ超え 米国全土が射程に=岸防衛相

© AP Photo / Eugene Hoshiko岸防衛相
岸防衛相  - Sputnik 日本, 1920, 25.03.2022
北朝鮮が24日に発射した弾道ミサイルについて、日本の岸信夫防衛相は、1万5000キロを超える射程となり、米国全土が射程に含まれることになるとの認識を示した。NHKなど日本のメディアが報じている。
岸防衛相は、24日に発射された弾道ミサイルについて、米国の東海岸を含めた全土が射程に含まれる可能性があると述べた
同時に「これまでの一連の発射とは次元の異なる、国際社会の平和と安定に対する深刻な脅威だ」と非難した。
制裁 - Sputnik 日本, 1920, 25.03.2022
米国、ロシア企業に対する制裁を発表 北朝鮮のミサイル計画に加担
北朝鮮は25日午前、24日のミサイル発射について、新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」の発射実験を実施したと発表した。北朝鮮によるミサイル発射は2022年に入ってからこれで12回目。
日本の防衛省によると、発射された弾道ミサイルは過去最高となる約71分間飛翔し、飛行距離は約1100キロメートル、最高高度も過去最高となる6000キロメートル超えと推定されている。これは、2017年に発射された「火星15」の性能をはるかに上回っている。「火星15」の飛翔時間は53分、最高高度は4000キロメートルだった。
関連ニュース
北朝鮮は2年以内に米国のミサイル防衛を突破-専門家
ミサイル発射は北朝鮮の実験モラトリアムに違反=韓国大統領
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала