ロシアからの独立のために支払う用意がある=ラトビア大統領

ラトビア - Sputnik 日本, 1920, 25.03.2022
ラトビアは、ロシア産の石油や天然ガスを輸入することを止めなければならない。ラトビアのエギルス・レヴィッツ大統領が、ブリュッセル(ベルギー)でEU首脳会議の初日を終えた後、ブルームバーグとのインタビューでこのような考えを示した。
レヴィッツ氏は、これは「一定の出費」になるが、ラトビアが「自由と独立のために支払う」必要があるならば、その用意があると指摘した。
また同氏は、ラトビアは現在、ロシアの天然ガスの支払いをルーブルで行うという問題について自らの立場を検討しているところだと述べた。
これよりも前、スロベニアのヤンシュ首相が欧州はロシアの天然ガスの支払いはルーブルでは行わないだろうと発言した。
ノルドストリーム2 - Sputnik 日本, 1920, 25.03.2022
ウクライナをめぐる情勢悪化
ノルドストリーム2 事業会社が破産申請
ロシアのプーチン大統領は、天然ガス供給の決済について、ロシアはその信用を落としたドルやユーロを含む通貨による決済を拒否し、ルーブル建ての決済へ移行すると述べた。
関連ニュース
ドイツ政府 ロシア産天然ガスの即時輸入禁止は不可
ロシア産ガスのルーブル払い 「意図がわからない」=日本財務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала