気候に影響? 西側航空機のロシア領迂回は地球にどれだけの負担をかけるか

© AFP 2022 / Kazuhiro NogiСамолет японской авиакомпании Japan Airlines
Самолет японской авиакомпании Japan Airlines - Sputnik 日本, 1920, 25.03.2022
西側の航空会社が利用する空間が閉鎖され、ロシア領の迂回が求められることになった航空機は、燃料の消費が増加し、それに伴いいっそう温室効果ガスを排出することになる。専門家がCNNのインタビューで語った。
たとえば、日本航空の東京発ロンドン行きJL43便(ボーイング777-300ER)の運航には、通常、1時間当たり10トン超の燃料が必要とされる。
気候学者のポール・ウイリアムス氏は、現在、北極大陸の通過が必要な航空機は、2.4時間以上余計に飛行しなければならず、20%以上燃料の消費が増加している。つまり、往復航路で60トンの二酸化炭素ガスを追加的に排出している。
Тушение пожара в северном пригороде Афин  - Sputnik 日本, 1920, 18.02.2022
国連が人類に対する主な脅威を指摘
国際クリーン輸送協議会責任者のダン・ラザフォード氏によれば、ロシア上空の長距離便の通過禁止が続いた場合、世界の航空会社は大気汚染を1%悪化させることになる
ロシアのビタリー・サベリエフ運輸相は、ロシア上空の通過を禁じられた欧州および米国の航空会社の損失は、年間およそ35億ドル(約4263億円)になると予想する。
関連ニュース
使い捨てマスクは、環境にとって有害な爆弾 研究で明らかに
中国で次々と石炭火力発電所建設 環境への取組みは後退か
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала