映画監督の青山真治さん 食道ガンで死去

© AFP 2022 / Abdelhak Senna映画監督の青山真治さん
映画監督の青山真治さん - Sputnik 日本, 1920, 25.03.2022
映画監督の青山真治さんが食道ガンのため亡くなった。57歳だった。青山さんは昨年春から闘病を続けていたが、今月21日に容体が急変し、帰らぬ人となった。
青山さんは立教大学時代に8ミリ映画作りをはじめ、95年にビデオ映画『教科書にない!』で監督デビューした。2011年には『東京公園』でロカルノ国際映画祭で金豹賞審査員特別賞を受賞している。
妻で女優のとよた真帆さんが公式サイトで、最後は眠るように息を引き取ったと青山さんの最後を伝えている。
関連ニュース
ベルリン国際映画祭、 和田淳監督「半島の 鳥」が「特別表彰」を獲得
アカデミー賞ノミネート作品が発表 日本の『ドライブ・マイ・カー』も史上初の作品賞に
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала