ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

米国、ロシア軍や諜報機関を支援する企業に対し制裁準備=WSJ

米財務省 - Sputnik 日本, 1920, 26.03.2022
米国は来週、ロシア軍および諜報機関に製品提供やサービスを行っているロシア企業に対して制裁を課す用意をしている。WSJ(ウォールストリートジャーナル)が報じた。
WSJの情報によると、米財務省は早ければ来週にも制裁導入を発表する構え。制裁の対象は、有限会社「セルニア・エンジニアリング」、「セルタル」などの企業のほか、関連する法人となると予想されている。
米国政府は、これらの2つの企業が「ロシアの特殊組織への兵器供与において重要なグループ」であるとみなしている。制裁が科される法人の多くは、かつて米商務省のリストに含まれていたため「機密技術」の輸出は禁止されていた。
ドル - Sputnik 日本, 1920, 25.03.2022
ロシアが非友好国への資金移動を規制 3000億ドル相当が予定
これに加え、ウクライナでの特殊軍事作戦の一環としてロシア政府を支援する多くのテクノロジー企業も制裁の対象となることが予想される。株式会社「ベクトル」や、ロシア最大のマイクロ回路メーカーである「ミクロン」、スーパーコンピューターを開発している「Tプラットフォーム」などが含まれる。
新たな制裁は、これらの企業に既に科されている米国の輸出制限を補完するもので、これらの企業との金融取引が禁止となる。
上記の企業の代表は、差し迫った制裁にまつわる情報について同紙へのコメントを控えた。
関連ニュース
米財務省 新たな対露制裁を発動
対露制裁の不明瞭な影響 米国政府は異例の措置の模索を強いられる=ワシントン・ポスト
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала