パプアニューギニア 呪い殺したと疑われた女性が村人によって拷問

© AP Photo / William A. Smithパプアニューギニア 呪い殺したと疑われた女性が村人によって拷問
パプアニューギニア 呪い殺したと疑われた女性が村人によって拷問 - Sputnik 日本, 1920, 28.03.2022
パプアニューギニアの警察は、男性を呪い殺した疑いで拷問されていた女性を解放し、身の安全を確保した。24日、ナショナル紙のウェブサイトが報じた。
それによると、山岳地帯のエンガ県のある村で先日、若い男性が急死した。男性がこの女性の家のそばの泉から水を飲んだ後に亡くなったことから、村人たちの間では死因は女性にあると噂が広まった。
故人の親族は女性が男性を「死に追いやった」と主張し始め、罪を自白させようとした。

監禁状態に置かれていた女性は親族や人権活動家らの協力で救出され、病院に運ばれた。現在は警察によって警護されている。
スコットランド 約500年前に魔術の容疑で処刑された4000人の女性に死後恩赦へ - Sputnik 日本, 1920, 25.12.2021
スコットランド 約500年前に魔術の容疑で処刑された4000人の女性に死後恩赦へ
エンガ州のピーター・イパタス知事は、州は呪術を禁止しており、禁を破った者を厳重な処分に処すよう警察に呼びかけたと述べている。
このようなパプアニューギニアの事例は、決して孤立したものではありません。既報の通り、魔術の疑惑に基づく暴力によって、毎月平均12人が死亡し、14人が不自由な生活を強いられている。
関連ニュース
「魔女狩り」:コンゴで女性住民8人が火あぶり
コロナのパンデミックでアルビノが標的に 国連が殺害件数の増加を報告
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала