ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ロシアがウクライナで化学兵器を使用した場合、西側は「劇的な措置」で対応する=独ショルツ首相

© Sputnik / Alexei Vitvitsky / フォトバンクに移行ドイツのオラフ・ショルツ首相
ドイツのオラフ・ショルツ首相  - Sputnik 日本, 1920, 28.03.2022
ドイツのオラフ・ショルツ首相は、ロシアがウクライナで生物・化学兵器を使用した場合、西側は「劇的な措置」をもって対応すると述べた。この措置については現在協議中だという。
ショルツ首相は、ドイツ公共放送連盟(ARD)のインタビューに対し「生物・化学兵器は使用されないはずだ。したがって、この問題については非常に明確だ。私はロシアのウラジミール・プーチン大統領との会談で、これについて絶えず協議した」と語った。
ショルツ首相によると、ロシアとの交渉では、とりわけ、ウクライナにおける米国の生物学研究所の問題が提起された。ショルツ首相は、それらの存在にまつわる情報を「嘘」だとした。
ガス【アーカイブ写真】 - Sputnik 日本, 1920, 24.03.2022
ドイツ政府 ロシア産天然ガスの即時輸入禁止は不可
ショルツ首相は、ロシア側に対しこのように呼びかけた。

全てはウクライナの行動への反応であると主張する際、偽旗作戦に向けてこれを利用しないでください。これは悲惨な結果を招くだろうし、我々は劇的な措置で対応することで一致している。そして、この措置をどのように採択するかについて既に考えている。

ショルツ首相は、西側諸国の対応について公に議論するつもりはなかったとし、NATOは「紛争の当事者」にはならないが、反応するだろうと述べた。また、自身もジョー・バイデン米大統領も、今後の起こりうる対応については言及していないが、どちらもそのための「正当な根拠がある」とした。
ハンター・バイデン氏 - Sputnik 日本, 1920, 27.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
バイデン氏の息子がウクライナの生物研究所に協力、英デイリー・メールが証拠を発表
ロシア国防省は、米国がウクライナ国内で生物兵器の開発が可能なバイオ研究所を開設し、ウクライナのみならず、ロシアの住民の安全を脅かしているとのプレゼンテーションを行った。ロシア国防省のイーゴリ・キリロフ中将(放射能・化学・生物防衛部隊長官)は、ウクライナ国内に、米国防総省のプログラムで機能する30以上のバイオ研究所があるとした。キリロフ中将は、ロシアの特殊軍事作戦の開始後、米軍の生物兵器開発プログラム継続に向けた資料は全て、すでにウクライナから移送されていると話した。
ロシア外務省のマリア・ザハロワ公式報道官は、ウクライナにおける米軍の生物兵器開発活動の事実を受け、ロシアは生物兵器禁止条約(BTWC)に基づく協議メカニズムの立ち上げの可能性を否定していないと述べた。
関連ニュース
天然ガスのルーブル決済は技術的に可能=ドイツ連邦議会
NATO、生物・化学兵器による攻撃を特定する手段や防護装備をウクライナに提供予定
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала