日本 陸上自衛隊に「電子作戦部隊」が発足 中露を念頭に対応能力を強化

© AP Photo / Koji Sasahara陸上自衛隊
陸上自衛隊 - Sputnik 日本, 1920, 28.03.2022
日本の陸上自衛隊は28日、新たな部隊「電子作戦部隊」を発足させた。毎日新聞の英語版「ザ・マイニチ」が報じている。
この部隊は、敵方の通信やレーダーなどに電磁波で攻撃したり、電子攻撃の無効化などを行う。東シナ海で活動する中国軍を念頭に創設された。
電子作戦部隊の本部は朝霞駐屯地(東京都)に置かれ、奄美駐屯地(鹿児島県)、那覇駐屯地(沖縄県)、留萌駐屯地(北海道)、相浦駐屯地(長崎県)、知念分屯地(沖縄県)に新設している電子戦の専門部隊を束ねる。共同通信によると、2023年度末には、沖縄県の与那国、長崎県の対馬にある駐屯地にも配置される方針だという。
自衛隊機 - Sputnik 日本, 1920, 17.03.2022
日本で「自衛隊サイバー防衛隊」発足
日本の防衛省は、中国やロシアの安全保障における電磁波の技術が向上しているとみており、この分野での対応能力を強化することを目指している。
関連ニュース
陸上自衛隊と米海兵隊が共同訓練 オスプレイ初参加
日本 2022年度予算成立107兆円余 防衛費過去最大5兆3687億円
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала