ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナでの米国の生物学プログラムは独ナチの第三帝国を継承 露安全保障会議

© Sputnik / Alexey Nikolsky / フォトバンクに移行パトルシェフ書記
パトルシェフ書記 - Sputnik 日本, 1920, 29.03.2022
ロシア安全保障会議のニコライ・パトルシェフ書記は、ロシアは現在、ウクライナにおける米国の軍事・生物学的活動を裏付ける証拠収集作業が終わりに近づきつつあることを明らかにした。
パトルシェフ書記は、米国の活動を証拠づけるベースは正確に形成されると指摘している。
パトルシェフ書記は、その時全世界は、「ヒトラーのドイツが人間に対して行った非人間的な実験の伝統」を米国が「継承している」ことをようやく知るだろうと付け加えた。
原子爆弾を作ったロスアラモス研究所がウクライナ軍事生物学プログラムを監修 露国防省 - Sputnik 日本, 1920, 25.03.2022
ウクライナをめぐる情勢
原子爆弾を作ったロスアラモス研究所がウクライナ軍事生物学プログラムを監修 露国防省
ロシア国防省は先に行ったプレゼンテーションで、米国が2億ドル(247億円超)以上をかけたウクライナの生物学研究所では、米軍の生物学プログラムに関与し、ペストや炭疽菌などの細菌が扱われていたことを明らかにした。
ロシア国防省によると、ウクライナには30か所を超す生物学実験所が張り巡らされ、米国防総省のために働いていたが、米国の軍事生物学的プログラム継続のための全てはロシアの特殊軍事作戦の開始後にウクライナから撤去されている。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала