北海道 支笏湖でカヌー転覆 湖底で心肺停止状態の男女2人を発見

日本の北海道千歳市の支笏湖(しこつこ)で29日、カヌーが転覆し、乗っていたとみられる男女2人が湖底で心肺停止の状態で発見された。現在、警察が身元の確認を進めるとともに、当時の状況を調査している。地元メディアのHBC北海道放送が伝えている。
HBC北海道放送の報道によると29日日本時間午後3時半ごろ、支笏湖のほとりにいた男性から「カヌーが転覆して人が溺れている」と警察に通報があった。
通報から約2時間後、警察と消防が捜索にあたっていたところ、岸から約90メートル、水深約5メートルの湖底から、カヌーに乗っていたと見られる男女2人を心肺停止の状態で発見したという。
2人の年齢は30代前後。ライフジャケットは着用しておらず、個人でカヌーを使用していたとみられている。
事故当時の風速は4-5メートルだった。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала