日大前理事長に有罪判決 脱税5200万円 日本

日大 - Sputnik 日本, 1920, 29.03.2022
日本の東京地裁は29日、脱税の罪に問われている日本大学前理事・田中英寿被告(75)に対し、懲役1年、執行猶予3年、罰金1300万円(求刑・懲役1年、罰金1600万円)の判決を言い渡した。FNNが報じた。
起訴状などによると、田中被告は、日大の理事長を務めていた2018年と2020年に、日大と取引のあった建設会社などから受け取ったリベートなど、約1億2000万円の所得を隠し、合わせておよそ5200万円を脱税した。
関連ニュース
SMBC日興証券に強制調査 社員の不正取引疑惑で
三菱UFJが米地銀株を8000億円規模で売却
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала